リーフ英会話スクール|語学のプロによる指導 福岡の少人数・通い放題英会話スクール

092-406-5887
leafeikaiwa@gmail.com

Point Lesson 48: 4歳児にもできる

A: Hey Bo, let’s go to Marushoku.

B: But I want to go to Daiso.

A: Yeah, but we need to be back by 12:00 and Daiso’s too far.

B: Oh.

A: So what do you say? You coming to Marushoku?

B: If you insist.


これ、どの家庭でも聞こえてきそうな日常会話。Aは僕。Bは4歳の息子。 日本語訳はこれ↓


A: ボーちゃん一緒にマルショク行かん?

B: ボーちゃんダイソーに行きたい。

A: でも12時までに帰ってこなあかんし、ダイソーってほら遠いやん。

B: そか。

A: どうだ?一緒にマルショク行かん?

B: 分かった。


よし、今からこの会話の簡単なところだけを分析してみよう。


まずはAがBの質問に「yes/no」で質問に答えないところに注目。代わりにどういう英語を使ってるかと言うと。。。


分かったかな?


正解は「But…」と「If you insist」でした!


ここで細かいことに引っかからないように気をつけようね。例えば「insist」の意味などに。調べても答えになる答えは出ないから。


そもそもyes/no質問の後に出た時点で受け取り方は「yes」か「no」に決まってるから、考えるのはそこまでにしておこう。


「But」も、もちろん一緒だ。学校で「しかし」と習った単語だろうけど、ここはどう見ても「no」の代わりに使う表現になってる。


さて流れ的には、どういう時に使う「no」でしょう?


。。。


不満・がっかりの時、が正解。ええ〜?的な。


そうに決まってる。だってダイソーに行きたい息子が「マルショク行こう」って言われてこれだもん。「but = しかし」に振り回されると絶対気づかないけど、流れ的にはこれしかない。


次は「家に帰る」を会話の中で探してみよう。


。。。


正解は「be back」でした。「go home」ではない!


ついでに「行く」も探そうか。


。。。


「come」でした!「マルショク行かん?」で「You coming to Marushoku?」だもん。「行く = go」「来る = come」は、どうやら違うみたい。


まだまだあるけど、いっぺんにやり過ぎても勉強にならないので、とりあえずここで切り上げましょう。


今日は、決して難しいことをしたわけではない。流れから分かる範囲で、ネイティブ英語の中で「なんだこう言うんだ!」と、いくつかの発見をしただけ。


本当に難しくない。4歳児にできるなら、皆さんにもきっとできる。唯一必要なのは、直訳に頼りたくなる自分に負けないための努力。

 一覧へ»

気になる点やご相談など、なんでもお気軽にご連絡ください♪

最新のコンテンツ
生徒の声
2020.09.17

Student File 9…

目標のIELTSスコアを獲得し、現在ドイツ留学中のMakoさんにインタビュー!彼女が体験したリーフレッスンの魅力とは?

続きを読む