リーフ英会話スクール|語学のプロによる指導 福岡の少人数・通い放題英会話スクール

092-406-5887
leafeikaiwa@gmail.com

Student File 11
Q&A with Takashiさん

最近海外の取引先の方に、短期間で英語が上達したと褒められたTakashiさん!リーフに通うようになって感じたことや実際に行っている英語学習についてお話してもらいました!

       

リーフに来られる前は、具体的にどのような勉強をされていましたか?

           

大手の英会話教室や、個人の英会話教室に数年通ってみたり、テキストを買ってみたりしました。大手ではレベル別のテキストで指標が見えるけど、じゃあ上に行くまで時間やお金がどのくらいかかるかとか考えるとベストな方法ではないかなと。

また、個人の英会話教室に通っているときは、実際に職場とかで周りのネイティブ同士の会話・自分とネイティブとの会話を聞いて、自分に(日本人の英語に)併せてくれているなと感じていたので、この英語の勉強を頑張ってもネイティブのようには話せないんじゃないかと疑問を感じていました。

   
       

実際リーフでレッスンを受けてみて印象的だったこと、気づいたことはありますか?

           

まず一つは、今まで単語の意味に振り回されてたな、ととても感じました。日本語翻訳にでてくる意味って本来の使い方と違うことばかりだけれど、学校やテキストブックではそれに気づくことができない。でもリーフではそれに気づけるレッスンだから、普段の疑問も安心して尋ねられます。

エリックは(きつい言い方もあるけど笑)きっぱり今までの英語学習を否定してちゃんと現実を教えてくれる。大手の教室とかじゃ学校英語を否定することはないんですよね。リーフのレッスンで、今まで受験とかで真面目に勉強したことを否定しないとなって気が付けたし、そこにこだわっててもいつまでも変われないこともわかりました。自分にとっては素直な気持ちでエリックの授業を受けることが大事だなって思ってます。

変わったことといえば、英語との向き合い方が断然よくなりました。多読を通して、最初に習ったパッケージシートのポイントがどれだけ重要かということも感じています。a/theの使い方とか、繰り返さないこととか意識するようになって、よく見るネイティブのYouTubeでもそれらが大事なことに気づけるようになりました。

   
       

そういった気づきを受けて、具体的に何かTakashiさんに変化はありましたか?

           

まず直訳することを辞めました。当たり前って言われるかもしれないですけど、頭でわかっているだけではなかなか変われないです。でもリーフのレッスンで言われ続けて、最近やっと腑に落ちて、そこから変われた感じがします。いちいち日本語で考えてたら、いくら頑張ってもいいことないなって。

それから朝の単語の暗記も辞めました。以前は毎朝テキストブックの英単語を覚えることを日課にしていたんですけれど、そこで覚えた英語を実際にリーフのレッスンで使おうとすると、伝わらなかったり、使い方が間違えてたりするんですよね。なので、単語の暗記に時間を費やすより、毎レッスン後にメールで送られてくるサポートクラスの復習をしたり、そのレッスンで出てきたネイティブ英語を使った例文を作ったりするほうが大事なことだなと思っています。

また、わからない単語があれば、以前は和英辞書を引いて調べていましたが、今はレッスンで教えてもらった全く異なる方法で調べることで、ネイティブがどんな表現をしているかを意識して調べることができるようになりました。今までの調べ方ではなかなかネイティブスピーカーの英語がわからなかったことも、別の方法をリーフで習った今では納得です。時々和英も使っちゃいますけど、最初に使うツールではなくなりました。職場でのネイティブスピーカーとの会話ややり取りでも、リーフで習ったことを意識するようになりました。

   
       

Takashiさん的リーフおすすめポイントをぜひ教えてください!

           

他のいくつかの英会話教室やテキストも見てきましたが、リーフではそれらと違う独自角度でネイティブに通じる本当の英語を学べるところだと思います!英会話の学習方法に迷っている人がいれば、まずはどういう教室なのか、とりあえず門をたたいてみる価値は十分にあります!

   
 一覧へ»

気になる点やご相談など、なんでもお気軽にご連絡ください♪

最新のコンテンツ
生徒の声
2021.05.09

Quick Review

テキストを使わず自然な英語を学べるのではと思いリーフに入会しました。 レッスンを受ける中で、テキスト通りのその場だけの英語ではなく、『誰と話しているのか』『共通の認識について』…

続きを読む