リーフ英会話スクール|語学のプロによる指導 福岡の少人数・通い放題英会話スクール

092-406-5887
leafeikaiwa@gmail.com

Point Lesson 37: 日本語だって意味から考えちゃだめ

前回のPoint Lessonを書いてる途中の僕↓


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


アドバイスって「送る」?「贈る」?どっちかいな。


分からんから調べてみよう。


(グーグルで検索する)


おお、出たじゃないか。さすがヤフー知恵袋。「アドバイスの場合、贈るでしょうか?送るでしょうか?」ドンピシャじゃないか。


よし、読んでみよう。


【「送る」は「物や人などを相手に届くようにする・差し向ける」という意味。対する「贈る」は「祝福や好意などの気持ちを込めて金品などが相手に届くようにする」という意味。ですから、「贈る」を用いるのが適当です。】


なるほど。確かに漢字の意味から考えても正しいっぽいね、この説明。


しかし意味から考えちゃだめ。毎日生徒にそう言ってるし、ここもきっとだめだろう。


よし別の調べ方にしよう。


(グーグルで「アドバイスを贈る」を検索する)


少なっ!205,000件しか出てこない。じゃあ次は。。。


(グーグルで「アドバイスを送る」を検索する)


やっぱり!2,580,000件も出てくる。話にもならない。こっちに決めた。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


皆さん、これ面白いと思いません?いくら母語と言っても、単語(この場合は漢字)の使い方をその意味から考えて決めてると、皆の自然な使い方とずれてしまう!


これを分かったところで、改めて決意しましょう。英語を勉強する時、そして日本語を調べる時も(笑)「意味」を捨てて「皆がこう言ってるから私もこう言う!」だけにこだわろう。

 一覧へ»

気になる点やご相談など、なんでもお気軽にご連絡ください♪

最新のコンテンツ
生徒の声
2020.09.17

Student File 9…

目標のIELTSスコアを獲得し、現在ドイツ留学中のMakoさんにインタビュー!彼女が体験したリーフレッスンの魅力とは?

続きを読む