リーフ英会話スクール|語学のプロによる指導 福岡の少人数・通い放題英会話スクール

092-406-5887
leafeikaiwa@gmail.com

Point Lesson 35: 「 What’ s that?」と「なにそれ?」

これぞ直訳の世界。


前者は、相手の前にあるものについて尋ねる時に使う英語。。。と、日本人は思い込んでる。


後者は、相手の前にあるものについて尋ねる時に使う日本語。。。と、外国人は思い込んでる。


そしてどっちも間違ってる。


「What’s that?」はPoint Lesson 26で話したように、例えばなにかを聞き取れなかった時の英語↓


A: Di… y… s… th… ?

B: What’s that?


一方「なにそれ?」は、例えば変なことを聞いた時に使う日本語↓


A: うちのウォーターサーバーってさ、ルンバ付きやねん。 

B: なにそれ?


ね。


でも面白いことに「What’s that?」も「なにそれ?」も、単語で考えた限り、文法で判断した限り、辞書で調べた限り、テキストで習った限り、相手の前にあるものについて尋ねる時に使えるフレーズのはず。


やっぱりあんまりいい入り口にならないようだね。単語、文法、辞書、テキスト。


安心感を与えてくれるかも知れないけど、現実という土台のない安心感はなんの役にも立たない。


乗ってる飛行機が落下中窓のシェードを下ろしても、現実が見えなくなるだけ安心はできるけど問題は解決しない。解決策は、一刻も早くパラシュートを探すことだ。


英語に関しては幸いなことに、校長Erikのポイントレッスンというパラシュートが目の前にある。


さあ、身につけて開くかどうかは自分次第だ。頑張って開いてみてね。今からでも遅くないから。

 一覧へ»

気になる点やご相談など、なんでもお気軽にご連絡ください♪

最新のコンテンツ
生徒の声
2020.09.17

Student File 9…

目標のIELTSスコアを獲得し、現在ドイツ留学中のMakoさんにインタビュー!彼女が体験したリーフレッスンの魅力とは?

続きを読む