リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 74: 「My」は「私の」じゃない?

I'm going to Hakata to pick up my book.
I'm going to Hakata to pick up a book.

この2行、それぞれ意味が違う!その違いはなんでしょう?

1行目は「私の本」2行目は「未特定の本」的な?

へへ。まだまだ甘いね。

ではこの英語から分かることをまとめてみよう。博多の本屋さんで本を取り寄せてたのは変わらない。その本を今から受け取りに行くのも変わらない。

違いは。。。

話してる相手が、本を取り寄せてたことを知ってるかどうか、だ。1行目の場合は知ってた。2行目の場合は知らなかった。

では「my」ってどういう単語?明らかに「私の」じゃない。

簡単に言うと、話してる人とその相手の間で共通認識のあるものに付ける単語だ。

このままだと分かりづらいよね。やっぱりこういうのは実例を見てなんぼだ。一回り簡単なやつでいこう↓

I like my toast with butter.
I like toast with butter.

この2行ももちろん、それぞれ意味が違う。その違いはなんでしょう?バターを塗ったトーストが好きなのは変わらない。

。。。

違いは、1行目はトーストを食べる習慣がある、2行目は特に分からない、というところだ。1行目は、話してる人とその相手の間で共通認識のあるトーストだから。

もうちょっと練習したいね。これでいこう↓

I love my PSP.
I love the PSP.

どっちもPSPが好きなのは変わらないけど、1行目はPSPを持ってることが分かる、2行目は持ってないかもしれない。

まあこんな感じだ。この考え方は当然ながら「my」に限定せず「your, her, his...」の場合も一緒だ。例えば↓

Do you put milk in your coffee?

これ、相手にコーヒーを飲む習慣があると考えられる時の聞き方だ。

どう?頭が痛くなってきた?分かる。だけど今日絶対「my, your her, his...」をマスターせよなんか言ってないからね。今までの思い込みがフィルターになって正しい受け取り方を邪魔してたはずだから、今日から意識してみて、ちょっとずつ実際の使い方(出すタイミング)に慣れていこうね、ぐらいの気持ちでいこう。

そいじゃ。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿