リーフ英会話スクール | 福岡市中央区 無料ポイントレッスンを公開中
リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 52: I want I want I want I want!

「したい」「欲しい」時に使う英語、皆さんなんだと思う?「I want to」「I want」とかはやめてね。直訳は絶対だめ。さすがにもう分かってくれてるはず。ここは「したい」「欲しい」の場面で聞いたことある英語を思い出してみたい。

さて「したい」「欲しい」の英語はなんだろう?正解を見る前に、一回自分でやってみてね。よく聞く定番の英語だけでいいから。

。。。

いいかな?じゃあ答え合わせしよう↓

I feel like pizza.
I could go for some pizza.
I wouldn't mind a beer.
You up for a beer?

どう?合ってた?

ちなみにこの英語、全部Point Lesson 48のやり方で簡単に手に入るからね。テーマを絞って、意識して映画とかを見るだけでいい。テーマの絞り方も簡単↓

① 私はよく「want」言う
② ネイティブは言わないみたい
③ 代わりになに言ってるかな?

それだけ。

参考になったかな?改めてできそうな気がしてきたかな?じゃあ僕も満足。

あ、最後に日本人の「want」が、ネイティブスピーカーにとってどう聞こえるか教えてあげようか?実は、意地を張ったガキに聞こえる場合が多い。「だって欲しいんだもん!」を聞こえてきそうな場面で。

ガキに思われるの嫌よね(笑)。だからやっぱり勉強の仕方、気をつけようね。とりあえずPoint Lesson 48のやり方にこだわれば間違いないから、もう一回チャレンジしようか。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿