リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 46: ただただ並べた感あかん

皆さんの英語、ただただ並べた感あったりしません?「どこどこに行った、なになにを食べた、美味しかった」みたいな。「今日一日テレビ見た、なぜなら休みの日だから」とか。

あるよね。聞かんでも分かる。授業でこの英語ばっかだもん。

皆さんこの英語で満足ですか?言いたいことが、この英語で伝わってますか?

僕は伝わってないと思う。だって同じ会話を日本語でした時、全然こんなもんじゃない。やったこと、あったことに対して「嬉しい」「残念」「久しぶり」「めったにない」「無理やり」「ラッキー」「嫌」とか、いろんな情報が伝わってくる。これだけ言いたいことがたくさんあるはずのに、英語の場合はただただ「あれしたこれした」を並べるだけで終わってしまう。

ん?

分かった。ごめん。頑張ってる方もたくさんいると思う。「I'm very happy because...」「unfortunately...」「first time in long time」「unusual」とかで「嬉しい」「残念」「久しぶり」「めったにない」を表現する方ね。残念ながらこの英語じゃなにも伝わらない。英語はそういう伝え方しないんだもん。

どういう伝え方かというと、例えばこれだ↓

I got to watch TV all day.

これ、さっきの「今日一日テレビ見た、なぜなら休みの日だから」に「めったにない」と「嬉しい」を込めたものだ。この英語だと、めったにない丸一日の休みの日に、ゆっくりテレビ見れて嬉しかったことが伝わる。「unusual」と「happy」を使ってないことに注目!

その時その時の伝えたいことによって、言い方ももちろん変わる。暇で一日テレビ見た場合は↓

Meh I just sat in front of the TV all day.

大阪にいる親戚が心配で一日テレビで地震情報を見てた場合は↓

I stayed in front of the TV all day.

どう?「暇」であろう「心配」であろう、伝え方は思ってたのと全然違うでしょ?

そしてなにより気づいて欲しいのは、今までの勉強の仕方だと、100年頑張っても英語についていけるようにならないことだ。ただただ並べてる自分は、ただただ並べた英語にしかついていけないに決まってるから。

だから今日から、いつもとちょっと違う頑張り方しようね。語彙やフレーズを忘れて「ただただ並べた感」を解決してくれる英語を探そうね。「Get to」や「meh」など、ちょっとした言い回し、何気に挟まってるなんの意味も持ってなさそうな単語、こういったところに鍵がある。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿