リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 4: 旬と季節

今日は日本語勉強中の外国人になってみましょう。最近「旬」という単語に出会い、その意味を知りたく辞書で調べる。するとこれが↓

Season

あれ?Seasonって「季節」じゃなかったっけ?と「季節」も調べることに。するとこれが↓

Season

もう分からなくなった!どうやら「旬」と「季節」は同じ意味を持ってるようだ。同じ意味を持った単語はなぜ二つも存在する?結論「日本語はやっぱり難しい。」で終わってしまう。

確かに、日本人から見ても「意味の違い」は説明しにくいはずだ。しかし皆さんもご存知の通り「意味」ではなく「どういう時に出るか」の問題だ。「旬」は大体食材の話にしか出ないはずだから、その「意味」を覚えて勝手なタイミングで使うより、食材の話に出せばいい。

意味から覚えてしまうと、もう一つ問題が増えます。同じ外国人が『「season」って日本語でなんて言うかな?』と、辞書で調べたら「旬」が一つの単語として出てくる。この単語を覚えて、その結果こういう会話をしてしまう↓

「雪って素敵ですね。私はこの旬が好き。」

あらま!

こうやって日本語と英語を逆にしてみると分かりやすいはずです。今の勉強の仕方は間違ってる。「この単語ってどういう意味かな?」「これを英語でなんて言うかな?」こういった考え方は言語力への入り口にもならない!

そして辞書は、単語の「意味」を調べるためには使ってはいけない。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿