リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 19: Congratulations

今日は、英会話スクールなどでネイティブ講師のレッスンを受けてる皆さんに「受け方」のコツを。

いいか?レッスン内容より、講師が何気に使った英語の方が勉強になる。

例えば「congratulations」。この単語は、英会話レッスンに出てきた時「=おめでとう」になってるよね。例文はこんな感じ↓

A: I passed the exam!
B: Congratulations!

分かりやすい!使い方もイメージしやすい!明日誕生日の友達がいるから早速使おう!わーい!今日のレッスンよかった♡

。。。

冗談。最悪だよ、このレッスン。英語として全然ピンとこない。こないだ聞いたよ、ネイティブ講師がなにも考えずに生徒に「congratulations」言ってるところ。こんなんだった↓

A: How are you?
B: I ate bread before this lesson.
A: Congratulations.

『うそ!なんでここで「おめでとう」?』

だから「おめでとう」じゃないって。「だからなに?」だよ。皆さん、ちゃんと「場面」を注目しようね。「congratulations」は、めでたい場面で聞くことはなかなかないはず。逆に人をバカにする場面だったらよく聞く。

「いや、違うよ。めでたい場面で聞いたことあるよ、私!」

そうね。僕も、頭を下げる場面で「恐れ入り奉り申し上げまする」を聞いたことある。だからと言って、友達との待ち合わせに5分遅れた時には言わない。場面が違うから。

まあ、その話はPoint Lesson 2で。今回分かってほしいのはこれ。いくらネイティブ講師と言っても「意識」の入った英語(「教える英語」)は、無意識で使ってる英語とは違う。だからレッスン内容よりも、講師が何気に使った英語の方を拾った方がいい、ってこと。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿