リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 17: 英語は「場面」で探そう

今回は約束どおり「場面で探す」を片付けていきましょう。

さて「場面で探す」というのはとても簡単。「私はこれを言いたい」を捨てて「ネイティブスピーカーってこういう時なんて言ってる?」に切り替えればいい。

別の言い方すると「使いたい単語の英訳」を探すのではなく「場面」を探して、そこに出てきた単語を拾えばいい。

例えば前回の「興奮」。日本人はこの単語を「excited/exciting」と覚えてる。その結果、最近見た映画の感想を言う時に「大興奮」のつもりで「very exciting」と言ったりする。

これはもちろん「私はこれを言いたい」英語。今から「ネイティブスピーカーってこういう時なんて言ってる?」で別の英語を探そう。

探す場所はとても簡単。「大興奮」の感想が付きそうな映画を一つ選んでレビューを見ればいい。星の数の多いレビューのタイトル、もしくは一行目だけを見て、登場した英語が使える英語だと考えてもいい。例えば↓

-Eye popping
-Thrilling
-Intense
-Tons of action

ジャジャーン!これでネイティブスピーカーに一歩近づいた。

あ、一つだけ注意点。一度だけ見た英語を拾うのは危険!自分が使った時に「え?ここで?」って思われる可能性があるから。例えば日本語で言うと、喧嘩を売る場面で、よく聞く「おいこら!」でいいのに「無様な敗北をくれてやる」を出す、みたいな。

だからレビューの場合も、たくさんのレビューの一タイトルと一行目を見ようね。そうすれば「よく出る英語」に、頭が自然に気づいてくれる。そして自分の英語が段々ピンとくる英語に変わっていく。

以上、とりあえず。この「場面で探す」はまだまだ深いので、またどっかのPoint Lessonで!




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿