リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです

え?まだ英語できないの?

中高で6年間必須科目として習った。さらに英会話スクールにも何年か通った。本来なら身に付いてるはずなのに、やっぱりネイティブとは会話できない。海外映画•ドラマについていけない。その問題を解決したい方、そしてこれから頑張りたい方も、まずは今までと違うやり方に挑戦してみましょう。実は、今までの勉強によって頭の中にできた壁を崩せばすぐにでも英語力が伸びるはずです!(詳しくは こちら をご覧下さい)

リーフの特長

テキストや市販の教材は使用せず「身近な英語」を学べる

「今日は水道の話しましょう。さて、貴方の水道に関する意見は何ですか?」テキストや事前に用意された教材を使った授業は、どうしてもこうなってしまいます。ショッピングや旅行という身近なトピックが出ても、漠然キーワードの暗記授業になってしまいます。

しかし場面や状況によって、一つのアイディアが色んな形に変わっていくのが英語です。例えば日本人がdeliciousやtastyと認識する「美味しい」は、状況によってはYou have to give me the recipeと表現します!

そのためリーフの授業は、生徒の日常からネタを引っ張り、あの場面この状況でネイティブスピーカーが実際に使う英語を元にする。だから実際の英語が段々なじんでくる。思い通り伝わる英語を使えるようになる。そしてネイティブスピーカーの言ってることを分かるようになる。

リーフの特長

生英語なのについていけるリーフ独自のレッスンスタイル

ネイティブスピーカーが実際に使う英語は単語も発音も、同じネイティブスピーカーが日本人に教える英語と違うのが事実。「日本人に分かりそうな英語」で話さないと授業・会話が成り立たないからです。フレーズやスラングをネタとして教えてくれることがあっても、基本の表現の仕方はやっぱり日本人にしか使わない不自然な英語。

しかし生の英語には、生の英語でしか慣れていけない。外国人だって「私は貴方にプレゼントをあげる」という「分かりやすい日本語」を覚えても、実際に「これやるわ」が出てきたら困るに決まってる。

そこで、リーフの「実戦会話クラス」は様々な工夫を施し「生の英語なのについていける」をテーマに進めていくから毎回発見が盛りだくさん!こびりついてしまったダメな癖をポイできる!困った時は「サポートクラス」で悩みを解決!

リーフの特長

授業内容はモニターで確認、いつでもネットで復習できる

せっかくの英語はノートではなく、頭に残したい。ノート書き込みで過ごす授業の時間は、積極的に参加できない、流れが切れてしまう。後から「何だったっけ?」と思って調べ「何だったっけ?」で終わってしまう。

リーフの授業は、一回一回の内容がリアルタイムでモニターに映り、最後に専用サイトに投稿される。そのため授業中にノートを書く必要がなくレッスンに集中しやすい。後からスマフォやパソコンで確認できるから、授業中は積極的にガンガンいきたい。

講師が内容を整理して投稿するから大事な内容だけに集中できる。一から十まで全てを残して目的を見失うより「濃ゆい時間」を過ごすして英語力を鍛えましょう!

リーフの特長

中身にこだわった無料貸し出しの本がライブラリーに満載

「読みやすくアレンジした小説」「読みやすいニュース」など、こういった英語教育用の素材が書店やネットで普及している時代です。しかしネイティブスピーカーが日本人の英語に合わせてくると同じように「教育意識」から生まれた素材は不自然な表現が多く、実質的な英語力にはつながりにくい。多読しても海外小学生の当たり前英語についていけないパターンもよく見る。

やっぱりここも生でいきたい。

そのためにリーフのライブラリーは、海外の子供達が踏まえる段階各レベルのものを用意しています。ネイティブスピーカーと同じようにすれば当然同じものが身につきます。読み方に困った時はリーディングクラブでフォローもバッチリ!

受講プラント料金設定


無料体験レッスン申し込みはこちらまずは無料見学・説明会!

左のボタンをクリックすると簡単に予約できます。質問やスケジュール調整の相談はページ右上のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!